小学校受験の難易度は?首都圏私立ランキング・トップ10

小学校受験の難易度は?首都圏私立ランキング・トップ10のイメージ画像です

小学校受験をいざ目指そうと思うと、「偏差値」や「難易度」はどうなのだろうと気になりますよね?

そこで、小学校受験の「偏差値」とはどんなものなのか?「難易度」との違いを明らかにし、さらに小学校を選ぶ上で外せないポイントや、首都圏私立小学校ランキング10校を調べてみました。

初めてお受験を考える方でも大丈夫です。これを読めばきっとあなたのお子さまにピッタリの小学校が見つかりますよ!

1.「偏差値」と「難易度」の算出の仕方

小学校受験での「偏差値」とは、どのように決められるのでしょうか?そもそも「偏差値」って何?というところから振り返ってみましょう。

高校数学でも扱う算出の公式は次の通りです。

偏差値 計算式のイメージ画像です

つまり、「得点」というものが存在しないとこの公式は使えず、偏差値が出ないということになります。

中学受験や高校、大学受験ではペーパー試験が主流で得点がはっきりと出ますから「偏差値」は有効な指標となります。

しかし小学校受験では、ペーパー試験よりもむしろ集団行動や面接といった得点の出しにくい考査に重きを置かれるという現状がありますし、そもそもペーパー試験がない小学校もあります。

ですから、小学校受験の「偏差値」を算出すること自体に、もともとムリがあるのですね。

つまり、仮に模擬試験で「偏差値」が高いお子さまでも、例えばペーパー試験のない慶應義塾幼稚舎の合格はかなわない場合もありますし、また逆に模擬試験で「偏差値」が低いとされるお子さまが難関校の合格を手にすることだってあるのです。

では、次に「難易度」とは何でしょう?

それは要するに“合格を手にするのはどのくらい難しいのか?”という意味ですが、これは受験に際しての「倍率」がひとつの指標になります。

「倍率」は、一般的に

受験者数÷合格者数

で算出しますが、受験者全体のレベルが高いか、あるいは低いかによっても、実際の合格の可能性は変わってきます。

さらに「面接」や「指示行動」などでは、お子さまが学校の特色に合っているか、更にはご両親の教育方針が学校の方針に沿っているかなど様々な要因も考査の対象となります。

ですから「難易度」も小学校受験においては、非常にあいまいな基準なのですね!

2.実際に行われる試験の種類

実際に行われる試験の種類のイメージ画像です

ここで、小学校受験で行われる試験とはどんなことが行われるのか、代表的なものを挙げてみましょう。

  • ペーパー試験
  • 集団行動
  • 運動テスト
  • 指示行動
  • 口頭試問
  • 絵画・工作
  • 音楽
  • 親子活動
  • 面接(親子・両親のみなど)

う~ん、随分たくさんの種類がありますね!

もちろん各小学校によって実施される試験の種類や形式等は異なりますし、問題の傾向もそれぞれ特徴があります。

このような事情から、これらの試験内容を得点として表すのは非常に難しく、したがって偏差値を出すのは土台ムリであることがおわかりいただけるでしょう。

小学校選びの結論としては、過度に「偏差値」や「難易度」に捉われることなく、まずはお子さまに合う小学校を選び、そしてその小学校に向けた準備・対策をされると良いでしょう。

では、ピッタリ合った小学校は、どのように選べばよいのでしょうか?

3.偏差値、難易度以外に考慮すべき大切な小学校の選び方は?

私立小学校受験で難易度の高い小学校10選のイメージ画像です

小学校受験に興味を持たれるということは、皆さまそれなりの理由がおありになると思います。

きっと「より良い教育環境で我が子を育てたい!」とお思いでしょう。

その「より良い教育環境」のイメージというのは、実は各ご家庭によって様々です。

そう、小学校選びで一番大切なのは、「ご家庭の教育方針と小学校の掲げる教育理念が合致している」ことなのです。

ですから例えば、

  • ミッション系やその他の宗教理念に基づく学校なのかどうか?
  • どんな教育に重きを置いているか?

など、校風を調べる必要があります。

また、

  • 男女共学校、男子校、女子校の区別

クラスの中に異性のお友だちがいるかいないかということは意外に重要なポイントですね。

小学校を卒業した後の教育機関も外せません!

  • 大学まで一貫なのか?
  • どの程度系列校に進学ができるのか?
  • どの段階で外部の学校に受験することになるのか?
  • どういった系統の学部が強いのか?

など先々の進路も考慮しなければなりません。

そして何より、

  • 通える距離にあるかどうか?

小さなお子さまにとって首都圏の通勤ラッシュは非常に酷なものですし、放課後の遊ぶ時間を犠牲にしなければなりません。小学校側としても通勤途中のトラブルは必ず避けたいと思うものです。現実に通えるかどうかで選択肢はかなり狭まりますね。

4.私立小学校受験で難易度の高い小学校10選(首都圏)

では、首都圏の私立小学校の人気校ランキング10選を、男女共学校、男子校、女子校に分類して紹介いたします。ここに紹介した10校はどの小学校も超人気校です。ここではそれぞれ倍率の高い順に並べました。

(※ 考査内容は変更されることがあります。)
(※ 合格倍率は2016年度のものです。)

4-1.男女共学校

1)慶應義塾横浜初等部 11.5倍

慶應義塾は、1858(安政5)年の創立から次第に今日のような一貫教育となりました。幼稚舎と試験内容が異なりペーパー試験があるため実力で入学できる可能性が期待され、倍率が非常に高くなっています。

所在地 : 神奈川県横浜市青葉区あざみ野
最寄り駅: 東急田園都市線「江田駅」より徒歩10分
考査内容: ペーパー試験、指示行動、運動、絵画制作
募集人員: 男子 66人   
      女子 42人

2)慶應義塾幼稚舎 10.4倍

幼稚舎(小学校)から大学まで、慶應義塾大学の一貫校です。
1874(明治7)年創立、福沢諭吉の「独立自尊」を実践できる人材の育成は幼稚舎のひとつの特色といえるでしょう。
ペーパー試験がなく試験合否の基準について確たるものはわかりづらいですが、在学生のご両親を察するに卒業生や名門の出の方が多いことは否めませんね。難関校最高峰と言ってもよいでしょう。

所在地 : 東京都渋谷区恵比寿
最寄り駅: 東京メトロ日比谷線「広尾駅」徒歩5分
考査内容: 指示行動、運動、絵画
募集人員: 男子 96人   
      女子 48人 

3)桐朋学園小学校 7.8倍

1959(昭和34)年開設。基礎学力を充実する、心身を鍛える、情操を養うことに力を入れています。中・高からは男女別キャンパスになります。真の実力のあるしっかりしたお子様が合格を手にしており、両親の経歴に寄らない傾向にあります。

所在地 : 東京都国立市
最寄り駅: JR中央線「国立駅」南口徒歩15分、JR南武線「保谷駅」徒歩15分
考査内容: 指示行動、個別、運動、絵画
募集人員: 男子 36人   
      女子 36人

4)早稲田実業学校初等部 7.5倍

中学校は1901(明治34)年に開校。創立者は大隈重信。初等部は2002(平成14)年開設で比較的新しい小学校です。初等部から中・高等部、そして早稲田大学までの一貫教育で、自主独立の気風にあふれ広く社会に貢献できる人間の土台を確立する教育を行っています。超難関校ではありますが、お子様の実力が合否に反映されやすい傾向があると言えるでしょう。

所在地 : 東京都国分寺市
最寄り駅: JR、西武線「国分寺駅」 北口より徒歩7分
考査内容: ペーパー試験、指示行動、運動、個別、絵画、面接(親子)
募集人員: 男女  108人       

5)青山学院初等部 5.1倍

1874(明治7)年アメリカのメソジスト監督協会の宣教師による3つの学校から始まりました。キリスト教信仰にもとづく教育を行っており、毎朝礼拝があります。大学まで高い確率で進学できるので、根強い人気があります。縁故が強いと言われますが、それなりの実力は必須です。受験は日程的にも他の学校との受験は難しく第一志望で勉強されているお子様が多いので難関と言えるでしょう。ペーパー試験の代わりに個別の考査となりますので、コミュニケーションを取りながらの対応が必要でしょう。

所在地 : 東京都渋谷区渋谷 
最寄り駅: JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」徒歩10分、
      地下鉄「表参道駅」B1より徒歩5分
考査内容: 指示行動、個別、運動、絵画、面接(保護者)
募集人員: 男子 44人   
      女子 44人

4-2.男子校

6)暁星小学校 4.0倍

1888(明治21)年アルフォンス・ヘンリック神父により創立。キリスト教の真理と愛に基づく、十全な人格形成を目指す教育方針です。幼稚園から高校までの一貫校です。ペーパー試験の量は多いので、理解だけにとどまらず速くこなす練習も必要です。

所在地 : 東京都千代田区富士見 
最寄り駅: JR「飯田駅」より徒歩 地下鉄「九段下駅」より徒歩
考査内容: ペーパー試験、指示行動、個別、運動、面接(保護者のみ)
募集人員: 男子120人   

7)立教小学校 3.5倍

1874(明治7)年イギリス国教会を母体とする聖公会の宣教師により私塾立教学院から始まりました。キリスト教信仰にもとづく愛の教育を目指しています。大学まで一貫校ではありますが、進学できる割合は他の一貫校より低いと言えるでしょう。

所在地 : 東京都豊島区西池袋 
最寄り駅: 「池袋駅」より徒歩、地下鉄「要町駅」より徒歩
考査内容: 指示行動、個別、運動、面接(10月中に保護者のみ、アンケートも)
募集人員: 男子120人

4-3.女子校

8)東洋英和女学院小学部 10.3倍

1884(明治17)年、カナダ・メソジスト教会の宣教師により創立。NHKドラマ「花子とアン」の舞台となったのが、この小学校です。

所在地 : 東京都港区六本木 
最寄り駅: 地下鉄「六本木駅」「麻布十番駅」より徒歩5〜7分、
考査内容: ペーパー試験、指示行動、運動、絵画制作、面接(親子・アンケート)
募集人員: 女子50人

9)雙葉学園雙葉小学校(非公開 推定約8倍以上)

1909(明治42)年フランスの修道会「幼きイエス会」によって高校が設立、翌年小学校、幼稚園が設立されました。「子どもが持っている無限の可能性を引き出す」などの理念を掲げています。非常に人気校であり、ペーパー試験の難易度は高く、記憶の問題は特に長く複雑なので事前の対策が必要でしょう。

所在地 : 東京都千代田区六番町
最寄り駅: JR「四ツ谷駅」徒歩2分、地下鉄「四ツ谷駅」より徒歩4分
考査内容: ペーパー試験、指示行動、個別、(絵画)、面接(親子)
募集人員: 女子 40人          
(系列校として、田園調布雙葉、 横浜雙葉、静岡雙葉、福岡雙葉などがあります。)

10)聖心女子学院初等科 4.2倍

1910(明治43)年設立。1801年フランスで聖マグダレナによって創立された女子のための寄宿学校が母体。キリスト教的価値観に基づく魂と高度な知性、行動力を育む伝統があります。上品な雰囲気な女子校は雙葉と同様根強い人気があります。ペーパー試験は難易度も決して侮れず量が多くなっている傾向にあります。

所在地 : 東京都港区白銀台
最寄り駅: 地下鉄「白銀台駅」より徒歩10分
考査内容: ペーパー試験、指示行動、絵画、面接(親子)
募集人員: 女子 96人 

まとめ

いかがでしたか?

お子さまにとって最良と思う小学校は見つかりましたでしょうか?

もちろん、首都圏には素晴らしい小学校がまだまだたくさんあります。あまり「難易度」や「人気校」にとらわれず、最終学歴も見据えた上でふさわしい学校をしっかりと見極めてくださいね。

また、小学校受験は倍率が非常に高い傾向にあるため、現実には第一志望の合格が叶わないこともままあります。しかし、実際通うことになった学校が、お子さまにとっては100%すばらしい学校なのです!

お子さまの未来はこれからです!

決して幼い子ども心に挫折感を味合わせることのないよう、受験勉強期間中はおうちの方の十分な配慮をお忘れなく!

お子さまがのびのびと楽しく成長していかれますことを心から願っております。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報と変更になる場合がございますのでご了承ください。

 

 

スポンサー広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です