「非認知能力」とは?子どもの可能性を引き出す9つの言葉

最近、幼児教育の論議の中でも「非認知能力」という聞きなれない言葉をひんぱんに耳にするようになりました。

教育専門家の多くが、「この能力こそが大切だ!」と力説しています。

文部科学省の新学習指導要領(幼稚園平成30年、小学校平成32年施行分)にも知識及び技能,思考力・判断力・表現力等と合わせて、「非認知能力」にあたる学びに向かう力,人間性等が教育の柱のひとつとして明記されました。
(参考サイト:文部科学省 学習指導要領「生きる力」こちら   文部科学省による教育要領改正のPDFこちら

筆者自身この言葉に出会ったのは、ハーバード大学にて大学院教授による幼児教育の講義を受けに行った際でした。
共に受講した幼稚園や保育園の経営者の方々と今後の教育の方向性を討議する中で、「非認知能力」こそ今後の子どもたちに必要な能力だ、という話題になったのです。

そこでは、非認知能力は「幼児期にどういう言葉をかけるかが重要」で、言葉次第でお子さまのその後の人生が大きく変わる、という結論にいたりました。

では一体、この「非認知能力」とは何を意味し、どういう声かけをすれば良いのでしょう?

「非認知能力」がなぜ注目されるようになったのか、そしてこの能力を引き出し伸ばす「声かけ」の9つのコツを紹介していきます。 “「非認知能力」とは?子どもの可能性を引き出す9つの言葉” の続きを読む

小学校受験の難易度は?首都圏私立ランキング・トップ10

小学校受験をいざ目指そうと思うと、「偏差値」や「難易度」はどうなのだろうと気になりますよね?

そこで、小学校受験の「偏差値」とはどんなものなのか?「難易度」との違いを明らかにし、さらに小学校を選ぶ上で外せないポイントや、首都圏私立小学校ランキング10校を調べてみました。

初めてお受験を考える方でも大丈夫です。これを読めばきっとあなたのお子さまにピッタリの小学校が見つかりますよ!

“小学校受験の難易度は?首都圏私立ランキング・トップ10” の続きを読む